中国と日本の介護事業の協力体制を確立するために



中国と日本の介護事業の協力体制を確立するために

現在2億人の高齢者が生活する中国において必要不可欠なこれからの養老事業を行う深圳友廣養老産業運営有限公司への資本参加を行い、中国の養老問題に対応していくために強固な関係を築くことを目的としている。


日本における介護養老事業への資本参加

日本における介護養老事業への資本参加 中国における日本の介護事業のノウハウを得るために、株式会社青空への資本参加をして、日本式介護の技術習得や施設運営等の研修を行い、中国で養老事業に従事する職員の研修の場として今後、多くの中国の介護職員を受け入れることを目的とする。


TOMOHIROGROUPによる研修実践事業

1.中国における養老事業に関与する経営者・管理者の日本式介護の経営・運営研修の実施。

2.外国人(中国人)技術実務制度による技術実習の実施。

3.深圳友廣社員、および、関連企業職員の日本での研修実施。

4.中国における養老施設開設にともなう諸々の準備指導や施設必要書類、物品等の配置、購入援助を行う。

5.中国で運営する養老施設の評価を行う。